借金の相続

1、親の借金 

  親が亡くなると、子どもは、土地、家、預金を相続する訳ですが、

 借金も相続します

  では、生前に遺言書を作っていたり、相続人全員で遺産分割協議書を作成す

 れば、借金を引き継がなくてもよいことになるのでしょうか?

 違います。

 債権者にとって、不都合な遺言や遺産分割協議書は、認められません。

 では、どんな割合で、借金は引き継がれるのでしょうか?

 判例では、法定割合となっています。

 

  つまり、不動産、預金等のプラス財産は、相続人全員の合意があれば、どん

 な割合でもOKです。逆にもめたら、法定割合が基準になります。

 

  マイナス財産(借金)は、原則、法定割合です。実務的には、全ての相続人と

 債権者の合意で、特定の人が引き継ぐ ことが多いです。

 

 

 2、保証債務と相続

  銀行でお金を借りていて、故人がその保証人となっていたらどうなるでしょう?

  これも、相続されます。

  但し、相続分の限度で連帯保証債務を負担することとなります。連帯保証人

 になっていないか、事前に確認しておくことをお勧めします。又、不動産を担保

 に入れる時、債務の極度を決めることがありますが、これは極度ではなく、

 死亡時の元本が相続の対象となります。

遺産の名義変更と相続手続き


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

遺産の名義変更と相続手続き

<コラム掲載中>

杉浦経営会計事務所

税理士法人

杉浦経営会計事務所

営業時間
8:30~21:00
(土日除く)
営業日
当社カレンダーによる

〒492-8139

愛知県稲沢市国府宮

神田町45番

TEL 0587-23-3100

FAX 0587-23-2558

遺産の名義変更と相続手続き facebook
カウンター

サイトNo.41

2017.12.13